英語の「固い」はこう使い分ける

珍しく今日は休みです!

最近は、日曜日はずっと仕事だったので、久しぶりで嬉しいです。おかげさまでのんびりさせてもらっています。

はい、今日は「固い」について勉強したので、記憶力が弱い私が自身のためにっていうことで、記録しておきたいと思います。(まぁ、ノート代わり的な)

「固い」は「hard」「tough」「solid」などがありますね。

「固い」はこう使い分けます。

「固い」のニュアンスの差をとらえるのはやや難しいかもしれませんが、まず、「固い」ものに対して、形を変えられるかどうかに注目します。

たとえば、「カチンコチン」の状態の何かは「hard」、そこまで固くないようなものの、はねつけられるようなイメージの何かは「tough」で表します。

一方、「solid」はもの以外の固さを表したり、そのもの自体が詰まっていて密である様子を表したりするんですね♪

ダイヤモンドは、「hard」
壁にぶつかってはねつけられるようなときは「tough」を使うといいでしょう。
もの以外の「約束」とか「結束」「きずな」「決心」のかたさを表現したいときは「solid」を使えばGOOD♪

例文を少し書いておきますね。

「hard」の例文
This nut is too hard to crack.(このナッツは固くて割れない)

「tough」の例文
Crocodiles have tough skin.(クロコダイルは頑強な皮膚をもっている)

「solid」の例文
My baby started eating solid food.(赤ちゃんが固形物を食べ始めた)
Sam and Sally are as solid as a rock.(サムとサリーは信頼し合った関係だ)

いかがでしたでしょうか?

皆さんも良い日曜日を〜

master

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*